こんにちわ、オオバです。

少し遅めの夏休み。
平和な日常を過ごしていましたが、
母との会話中に衝撃が走ったお話です。

両親は 「キャンディークラッシュ(以下:キャンクラ)」 が大流行中。
※オオバは2年前に卒業済

キャンクラとは、ステージ制のスリーマッチパズルゲームです。

高い中毒性を持つカジュアルスマホゲームです。
※PC版もあります

機械に疎かった母をアプリ課金させる方法_0

かなりやり込でいます。
オオバ父は昔から電子機器が好きで、
いち早くiPhone4sを取り入れ今はiPhone6。

オオバ母は機械に疎く未だにガラケー
スマホゲームなんてしないと思っていました。
コンシューマゲームも一切やりませんし知識もありません。

家のiPadでキャンクラを始めたとのこと。

半年会わないうちに、
オオバ家も進化していたようです。

母は課金もしていた!?

あんなに機械に疎かった母(来年還暦)が、
iPadでゲームをしている事自体が衝撃的だったのに、
まさか課金もしていた事実が発覚しました。

「課金もしてるのよ」
あのドヤ顔は忘れない。

機械に疎かった母をアプリ課金させる方法_1

キャンクラはある程度ステージを進める度に関所が現れます。
フレンド3人に協力してもらうか、
課金をするかで先に進めるようになります。

フレンドはfacebook連携をすると増やすことが出来ますが、
さすがに母はfacebookまでは手を出しておらずフレンドはいません。

機械に疎かった母をアプリ課金させる方法_2

どうしても先に進みたい欲求と、
120円程度の低頻度少額課金が、
あの母を課金へ導いているようです。

オオバも今となっては即課金できる体質になりましたが、
最初の最初は腰が重かったことを覚えています。

しかも、電子機器に疎く、
ITからかなり距離をとっていた母を課金させるとは、
キャンクラは本当にすごいゲームだなと関心するとともに、
ゲームというものの力を感じた一幕でした。

ゲームはどんな人でも動かせる

まとめ

課金しない人は絶対にしないと考えていましたが、
その認識が完全に間違っていたことを実感しました。

  1. ゲームが楽しい
  2. もっと楽しくなりたいから課金する
  3. 楽しいし、せっかくお金使っているからゲームを止めたくない

こういう流れに持って行きたいのです。

ユーザーを良い意味でゲームに縛り付けるためには、
そのゲームに課金させるのが1つの手
だと考えています。

↑↑当たり前かもしれませんが、
アプリを触ってて気持ち良い状態が、
中毒性をアップしています。

また、キャンクラは「キャンディー」というモチーフも良いですよね。
キャンディーを見て不快に思う人はいないんじゃないでしょうか。
カラフルで見ててワクワクします。

今回課金している母を見て、
しばらくキャンクラブームは続くだろう。と感じました。

同じスマホゲーム業界で働く身として、
ユーザーに母がいるということを嬉しく思うと同時に、
気持よく課金してもらえるゲームを作って行きたいと奮起させてくれました。

ユーザーを知るという意味で、
たまにはじっくり実家に帰るのも悪くないなと思った夏休みです。

オススメ記事