こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

以前【Unity】AnimationClipを壊す3つの方法を紹介しました。

  1. 階層構造の変更で破壊
  2. 名前変更で破壊
  3. ターゲット名の変更で破壊

このような3つの壊し方を紹介しました。
興味ある方は前回記事を読んでみてください。

本記事は1歩進んで、壊れたAnimationClipを直す
Editor拡張「AnimationClipRecoveryEditor」の紹介です。
※記事後半にソースを公開しています。

この記事の内容

AnimationClipた正常かチェック可能

メニューTools > AnimationClip Recoverから
AnimationClipRecoveryEditorを開きます。

Unity 壊れたAnimationClipを少しリカバリーしてみるEditor拡張_0

チェックしたいAnimationClipと、
AnimatorをAddComponentしたGameObjectをセットします。

これで準備は完了。

Checkボタンを押下すると、
AnimationClipのチェック処理が走ります。

正常な場合はALL GREENと表示。
異常が見つかった場合はINVALIDと表示されます。

異常部分を修正していく

Unity 壊れたAnimationClipを少しリカバリーしてみるEditor拡張_1

この異常はGameObjectの構成と、
AnimationClip内での階層関係が
一致しない場合の検知です。

Parent///Childこれは明らかにおかしい状態です。

※詳しくは前回記事【Unity】AnimationClipを壊す3つの方法をご確認ください。

これらのパスを手作業で修正し、
Recoverボタンを押下します。

Unity 壊れたAnimationClipを少しリカバリーしてみるEditor拡張_2

全て終えたら、再度Checkボタンをクリック。

Unity 壊れたAnimationClipを少しリカバリーしてみるEditor拡張_3

図のようにAnimationClip is ALL GREEN
出力されれば正常なAnimationClipに戻ったことになります。

まとめ

AnimationClipが壊れたときの修正エディタを紹介しました。

前回記事で紹介した3種類の壊し方

  1. 階層構造の変更で破壊
  2. 名前変更で破壊
  3. ターゲット名の変更で破壊

これらをやらかしてAnimationClipを壊し、
テンパってしまう前に一度AnimationClipRecoveryEditorを
使ってみてください。

AnimationClipRecoveryEditorのインストール方法

コチラからソースをダウンロードして、
Unityプロジェクト内のEditorフォルダ内に入れてください。

すると動きます。

期間限定 最大95%オフセール
効率UPメガバンドル開催中!最大95%オフ!!!
期間 : 11月1日午後15時59分まで
オススメ記事
検証環境