こんにちわ、オオバです。

この記事の内容

新品のMacに1つ1つアプリケーションをインストールしていく作業ほど無駄なものは無い

HomeBrewを使えばMacの環境構築をほぼ自動化できます。

これによりオオバは5時間自由な時間を確保できました。

愚直に手作業でインストールする場合

オオバの場合PCの環境構築する上で最も時間がかかるのはアプリケーションのインストールです。

  1. インストーラをWebからダウンロード
  2. インストール実行

こんな手順を踏んでたら日が暮れます。

こんな無駄な時間の使い方はしたくない!!

ということで、

HomeBrewを使った環境構築の自動化について解説していきます。

Brewfileを使って一括自動インストール※ただ待つだけ

事前準備としてBrewfileという名前のテキストファイルを作成しておきます。
このファイルをHomeBrewは読み取ってインストールをしていくことになります。

Brewfileは以下のルートでインストールしたアプリに対応しています。

今回使ったBrewfileは以下です。
Brewfile · GitHub

自動インストール開始

ターミナルでBrewfileの階層に移動ます。

brew bundle  

と実行します。

すると記述した順にアプリケーションはインストールされていきます。

しばらく自由時間です。

5時間経過

無事にインストールできました。

めっちゃ楽。

mackupは未使用

設定ファイルをバックアップ / リストアするmackup使おうと思ったのですが、
バックアップしたい設定ファイルがなかったので、
使用しませんでした。

参考 : dotfiles, アプリケーションの設定をMackupで管理する - Qiita

余談 : 1Passwordもアップグレード

Best Password Manager for macOS & Safari | 1Password

今まで1Password4を使っていましたが、
使えなくなるリスクを考え1Password7にアップグレードしました。
支払いにサブスクリプションは選ばず、買い切りタイプにしました。

快適です。

関連記事

オススメ記事
検証環境