こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

ParticleSystem(以下:Shuriken)には、Unity5.3からShapeモジュールにSkinnedMeshRendererを設定できるようになりました。これによりアニメーションするMesh上からパーティクルを発生させることが出来るようになりました。

ShurikenにSkinnedMeshRendererとNoiseを適用した表現_0

また、Unity5.5からNoiseモジュール が追加され、今までデフォルトでは一定のランダム性アニメーションしか表現できなかったパーティクルに複雑な動きをさせることが可能になりました。

ShurikenにSkinnedMeshRendererとNoiseを適用した表現_1

この2つを組み合わせるとこうなります。

成果物はこちら。

髪Meshから発生目Meshから発生

ShurikenにSkinnedMeshRendererとNoiseを適用した表現_2

このように指定したアニメーションしているMeshからパーティクルを発生させることが出来ます。

1つ注意点。

ShurikenにSkinnedMeshRendererとNoiseを適用した表現_3

メインモジュールのSimulation SpaceをデフォルトのLocal の場合そのメッシュのローカル座標が適用され、このような表現になってしまいます。

ShurikenにSkinnedMeshRendererとNoiseを適用した表現_4

Worldにすることでこの問題は回避できます。

オススメ記事
検証環境