こんにちわ、オオバです。

定期的に執筆したいArduinoのパーツ調査記事シリーズです。
今回は赤外線受信モジュールを使ってみます。

この記事の内容

用意するもの

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_0

コチラのキットの中に入っている
赤外線モジュールを使いました。

お得なキットでオススメです。

ピンヘッダ内訳

ピンヘッダは以下の通りです。

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_1

ピンヘッダ内訳
GGND
RVCC
Y検出用

今回作るもの

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_2

IRremoteというライブラリを使用して、
赤外線リモコンの種類を
コンソールに出力して特定します。

ライブラリIRremoteのインストール

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_3

ArduinoIDEの ツール > ライブラリを管理
クリックしてライブラリマネージャを開きます。

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_4

IRremoteをインストールして準備は完了です。

IRremoteサンプルコードを使用する

ファイル > スケッチ例 > IRremote > IRrecvDumpV2
クリックしてサンプルコードを開きます。

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_5

サンプルコードに従って、検出ピンヘッダがArduinoのデジタル11番につながるようにして実行します。

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_6

詳しくはYouTubeを見てください。

リモコンを操作すると、
赤外線受信モジュールが反応します。

シリアルモニタに出力される

Arduinoで赤外線受信モジュールを使って赤外線リモコンの信号を読み取る方法_7

このようにシリアルモニタに赤外線を解析した結果が出力されます。

オオバ
オオバ
メーカー名が出てくるのが面白いですね

ソースコード

今回はスケッチの例そのままですが、読んでみると勉強になりました。
IRrecvDumpV2.ino · GitHub

最後に

赤外線受信モジュールとIRremoteライブラリを使うことで
赤外線の信号を解析することができるようになりました。

これを使って自分の家のテレビやクーラーを
Arduinoを使って操作することができそうです。
やっとIOTらしくなった気がして楽しくなってきました。

期間限定 最大95%オフセール
効率UPメガバンドル開催中!最大95%オフ!!!
期間 : 11月1日午後15時59分まで
オススメ記事