こんにちわ、オオバです。
Unityでゲームを作りながら趣味でブロックチェーンの勉強をしています。

ブロックチェーンの開発や
NFTの購入、出品などで必要になる仮想通貨ウォレット。

そんなときに便利なのがMetaMaskです。
MetaMaskとはブラウザ上で操作できるウォレットです。
Chrome拡張で簡単にインストールできます。

本記事ではChromeを使ったMetaMaskの導入方法を
全画面キャプチャ付きで解説します。
全部で9ステップです。

記事を読み終える頃には
MetaMaskのセットアップは
完了しているでしょう。

この記事の内容

1.MetaMaskをChromeに追加する

MetaMask - Chrome ウェブストア
Chrome拡張のMetaMaskのページを開きます。

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_0

Chromeに追加ボタンをクリック。

2.MetaMaskにようこそ

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_1

すると画面が切り替わります。
開始ボタンをクリック。

3.MetaMaskが初めての場合

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_2

既にウォレットを持っている人は
ここでインポートすることも可能です。

今回は新規のウォレット作成の解説です。

4.MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_3

同意しますボタンをクリック。

5.パスワードの作成

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_4

8文字以上のパスワードを設定して下さい。

オオバの場合、コチラのサイトでパスワードを生成後、
1Passwordで管理します。

1Passwordを使えば1つパスワードを覚えるだけで
無数のパスワードを安全に管理できて便利です。

オオバは早10年使っています。
有料アプリではありますが、
パスワードに消耗するコストを考えると安いです。

コチラのリンクから購入すると
公式サイトより少し安く購入できてオススメです。

6.ウォレットの保護

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_5

次へボタンをクリック。

7.【重要】バックアップフレーズを保管する

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_6

パスワード的なものがもう1度登場します。
先のパスワードとセットで、
こちらのバックアップフレーズを
保管する必要があります。

もちろんこのフレーズも
1Passwordで管理しています。

このバックアップフレーズは
先のパスワードより重要です。

再発行はできません。
忘れてしまうと所持している通貨を
取り出すことができなくなります。

事実上消滅と同じです。
ということで、しっかり管理しましょう。

バックアップフレーズを保管したら
次へボタンをクリック。

あと少しです。

8.秘密のバックアップフレーズの確認

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_7

先のバックアップフレーズを入力したら
確認ボタンをクリック。

9.MetaMaskのセットアップ完了!

MetaMaskでウォレットの作り方※全画面キャプチャ付き_8

見事MetaMaskでウォレットが作成されました。

仮想通貨取引所などから
MetaMaskウォレットに送金することが可能です。

まとめ:ウォレット作成時のパスワードは絶対に忘れてはいけません

記事の内容をまとめます。

バックアップフレーズは絶対に忘れてはいけません。
ここ超大事なポイントです。
大切な資産が簡単に消えてしまいます。

資産の消失は本当に怖いため、
1Passwordでの管理をオススメします。

セキュリティに多少のコストを
払っても良いと考えています。
安心を買いましょう。

話を戻してMetaMaskが無事にセットアップできました。
ここからは通貨の入金、NFTの購入、イーサリアムの開発といった
次のステップに進んでいきましょう。

期間限定 最大95%オフセール
効率UPメガバンドル開催中!最大95%オフ!!!
期間 : 11月1日午後15時59分まで
オススメ記事
検証環境
参考サイト