こんにちわ、オオバです。

妻含めママさんたちは
LINEめっちゃ使っています。

先日運動会がありまして、
動画をママさんたち共有の
LINE Keepで共有したいというオファー。

LINE Keepの仕様はコチラ。

ということで、
あまり大容量の動画にすると迷惑がかかるため、
200MBに収めることを目標にしました。

QuickTimeとffmpegでカンタン解決

  1. QuickTimeで開いて5分以内にトリミング
  2. そのまま非圧縮で保存
  3. ffmpegでmp4に変換

このような手順で指定の動画をエンコードしました。
5分以内に収めるため、プレビューしながら尺調整するとき
QuickTimeは便利でした。

ここから具体的な手順の解説をします。

この記事の内容

QuickTimeで尺のトリミング

⌘ + tで尺のトリミングができます。

【無料】動画の尺を5分以内にトリミングして容量を200MBに収める方法_0

このような感じで簡単に尺調整できます。

わざわざAfter Effectsなどの
本気の動画編集ソフトを使わなくても
無料でトリミングできます。

5分以内にトリミングして
⌘ + sで非圧縮保存。

ファイル形式は.movです

ffmpegでmp4に変換

ffmpegとは動画エンコードソフトです。

$ ffmpeg -i input.mov -vcodec libx264 -vb 5000k  output.mp4  

コチラのコマンドをターミナルで実行。
movファイルからmp4にエンコードしました。

動画のクオリティは
-vb 5000kの数値で調整しました。

動画の内容によって調整する必要があります。

HomeBrewでffmpegのインストール

ffmpegが未インストールの方は、
Macユーザー向けの話になりますが、
HomeBrewで導入することをオススメします。

HomeBrewとはMacのコマンドラインアプリの管理ソフトです。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"  

こちらのコマンドを実行すると
HomeBrewがインストールされます。

$ brew install ffmpeg  

brewコマンドを実行すると
ffmpegがインストールされます。

ffmpeg自体のバージョンアップ、アンインストールを
HomeBrewを通して管理できるため便利です。

まとめ : 動画を5分以内にトリミングして200MBに収める方法

記事の内容をまとめます。

こんな感じです。

After EffectsやPremiere、FinalCutProといった
動画編集送付とがなくても
QuickTimeとffmpegがあれば
無料でなんとかできる可能性があります。

シェルやコマンドラインは最初は(画面が黒くて)怖いですが、
覚えると超便利ですね。

エンジニアの皆さんは普段使っていると思いますが、
ぜひとも非エンジニアにこそ覚えてもらいたいです。

わざわざお金を払わずとも
無料でできることが見つかるかも知れませんよ。

期間限定 最大95%オフセール
効率UPメガバンドル開催中!最大95%オフ!!!
期間 : 11月1日午後15時59分まで
オススメ記事
検証環境
参考サイト