こんにちわ、オオバです。
Unityでゲームを作りながら趣味でブロックチェーンの勉強をしています。

Remix IDEとはオープンソースWebアプリケーション。
Solidity言語を使ったEthereum開発のためのIDEとして使ってみたく、自分のPC(Mac)に環境構築していきます。

オオバは本業はUnityエンジニアでスマホゲームを作っていますが、ここ最近のプライベートの時間はブロックチェーンの学習に使っています。

👆Gethを使ったイーサの採掘から送金までやってみました。

Remix IDEの環境構築手順

  1. nx CLIのインストール
  2. Remix IDEのソースコードのダウンロード
  3. Remix IDEのビルド
  4. ローカルサーバーの起動
この記事の内容

1.nx CLIのインストール

nx CLIが必要なためnpmでインストールします。

npm install -g @nrwl/cli  

2.Remix IDEのソースコードのダウンロード

GitHub - ethereum/remix-project: Remix is a browser-based compiler and IDE that enables users to build Ethereum contracts with Solidity language and to debug transactions.

GithubからRemix-projectをcloneします。
ダウンロード先は任意の場所でOK。

git clone git@github.com:ethereum/remix-project.git  

執筆時点のmasterブランチを使用。

3. Remix IDEのビルド

さきほどダウンロードしたRemixIDEのソースをビルドします。
以下のコマンドを順番に実行していくだけです。

$ cd remix-project  
$ npm install  
$ nx build remix-ide --with-deps  

ビルドが成功すると以下のようなカラフルなログが出力されます。

【Ethereum開発】Remix IDEの環境を構築する方法_0

4. ローカルサーバーの起動

以下のコマンドを実行してローカルサーバーを起動させます。

$ nx serve  

うまくいくとローカルサーバーが立ち上がります。

【Ethereum開発】Remix IDEの環境を構築する方法_1

ここからはSolidity言語でコントラクトを記述していきます。

今回はここまで。

次回はSolidityで記述したコントラクトをコンパイルして実行してみます。

オススメ記事
検証環境
参考サイト