こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

2018.1.0f2 から 2018.2.0f2
Unityをアップデートしました。

案の定一筋縄ではUnityが起動せず、
もろもろ対応したことを共有いたします。

主にCinemachine関連のエラー対応でした。

Cinemachineの再インストールとPPSv2の対応で解決

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_0

結論から説明しますと、
下記の対応でUnity2018.2.0f2に起動できました。

Cinemachineを使っていないプロジェクトだと
今回のトラブルは起きないかも知れません。

以下、詳細の説明に入ります。

この記事の内容

CinemachineとTimelineの依存関係が不整合

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_1

Unity2018.1.0f2から2018.2.0f2にアップデートすると、
以下のエラーが出力されました。

「Cinemachineが依存するTimelineが見つからない」というエラーです。

An error occurred while resolving packages: Package com.unity.cinemachine@2.1.12 has invalid dependencies:com.unity.modules.timeline: Package [com.unity.modules.timeline@1.0.0] cannot be found
A re-import of the project may be required to fix the issue or a manual modification of /Unityプロジェクトまでのパス/Packages/manifest.json file.

パッケージ依存エラーは再インストールで直る

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_2

PackageManagerで原因を探る
Window > Package Managerから
Package Managerを開きます。

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_3

するとCinemachineが真っ赤。
エラーだということが分かります。

こういうパッケージ依存エラーの時は、
再インストールを試します。

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_4

Cinemachineを Remove
再度インストールします。

再インストール時に依存関係を構築してくれるため、
Timelineが見つからないというエラーは解消されました。

Post Processing V2の参照エラー

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_5

Timeline依存関係のエラーは解決しましたが、
別のエラーが発生しました。

Assets/CinemachinePostProcessingV2/CinemachinePostProcessing.cs(124,45): error CS1061: Type Cinemachine.CinemachineBrain' does not contain a definition for PostProcessingComponent' and no extension method PostProcessingComponent' of type Cinemachine.CinemachineBrain' could be found. Are you missing an assembly reference?

Post Processing V2をCinemachineで
使用するパッケージ周りでエラーが起きているようです。

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_6

メニュー Cinemachine > Import Post Processing V2 Adaptor Asset Packageを選択します。

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_7

すると差分がインポートされ、無事にエラーは解消されました。

まとめ : Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応

Unity2018.2にアップデートした際のCinemachine関連のエラー対応_8

記事の内容を簡単にまとめます。

こんな感じです。

これでUnity2018.2.0f2移行におけるエラーは解消できました。
主にCinemachine関連でした。

パッケージの更新はUnityの
アップデートと同時に行われることがあるため、
このあたりCinemachineに限らず
よく起きるものだ という認識でいましょう。

期間限定 最大95%オフセール
効率UPメガバンドル開催中!最大95%オフ!!!
期間 : 11月1日午後15時59分まで
オススメ記事
検証環境