こんにちは、Unityエンジニアのオオバです。

お悩みさん
お悩みさん
  • おすすめのUnityバージョンは?
  • Unityのバージョンアップ方法を知りたい
  • Unityバージョン管理って面倒くさい?
  • Unityバージョンの注意点を知りたい
  • オオバ
    オオバ
    本記事ではこれらの悩みを解決します。

    Unity初心者にとって 「Unityのバージョン」 は悩みどころ。
    どれ選んだら良いのかわかりません よね。

    また、Unityのバージョンアップや管理方法もわからないと思います。
    本記事ではUnityバージョンにまつわる悩みを一気に解決します。

    オオバはUnity歴12年です。
    数えられないくらいUnityバージョンを選んできました。

    そんなUnityバージョン選びのプロが、
    失敗しないUnityバージョンの選び方バージョン管理 について徹底解説していきます。

    この記事を読めばあなたもUnityバージョンに迷うことはなくなるでしょう。

    ぜひ最後まで読んでみてください。

    →11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

    もくじ

    おすすめのUnityバージョンはLTS

    「おすすめのUnityバージョンはなんですか?」 とよく質問を受けます。

    結論から言うと LTS です。
    LTSとは 「Long Term Support」 の略。
    一言で 「安定版」 のことです。
    LTSの中にもバージョンがあるため、
    正確には LTSの最新バージョン がおすすめのUnityバージョンです。

    つまり 初心者はLTSの最新版 を選べば間違いありません。

    おすすめのUnityバージョンがLTSである理由

    LTSをおすすめする決定的な理由は 「安定性」 です。
    これに尽きます。

    長年Unityを使っていると分かるのですが、
    正直Unityは不安定 です。
    処理が重い、作業中にクラッシュすることは普通。

    しかし、最近のUnityは安定しています。
    Unity社自体が安定性に力を入れだしたから です。

    繰り返しになりますがLTSとは 「Long Term Support」 の略。
    訳すと長期サポートです。

    UnityはLTSをリリースしてから2年間安定性をサポートします。
    例えばUnity2020のLTSは2021年5月にリリースされています。
    ということは Unity2020のLTSは2023年の5月までサポートされる ということです。

    ここでいうサポートとは、新機能の追加ではなく
    不具合、バグ修正のサポート だけを行います。

    つまり LTSを使用している期間中はUnityの仕様が変わることは基本的にありません。
    安心してLTSを使ってください。

    【方針変更】Unity2020以降アップデート頻度を下げて安定性アップ

    さきほど、 「Unity社自体が安定性に力を入れだしたから」 と説明しました。

    過去、Unity2019までは、2019.4がLTSとしてリリースされていました。
    2019.1、2019.2、2019.3と 3回メジャーアップデート したということです。

    しかしUnity2020からは 2020.3がLTS です。
    つまり メジャーアップデートが1回減った ということです。
    今まで1年に3回のアップデートが2回に減りました。

    それが何を意味するかというと 「安定性の向上」 です。
    基本的にメジャーアップデートの回数だけ新しい機能が盛り込まれます。
    それは 不具合も盛り込まれる ことと同じ。

    いくら不具合が出ないように確認したとはいえ、
    これだけの大きなアプリケーションになると完璧な状態にはなりません。

    メジャーアップデートを3回から2回に減らしたことで、
    機能追加機会は減った分、 安定性が向上した ということです。

    LTS(安定版)以外のバージョンとは何?

    Unityバージョンの種類をもう少し深堀りします。
    Unityバージョンには、LTSのほかLTSより未来のバージョンが存在します。

    現在インストールできる、
    LTS以外のUnityバージョンをリストアップすると以下。

    LTS以外のUnityバージョン

    ①LTSより過去のバージョン

    ②LTSより未来だけど正式リリース版

    ③LTSより未来だけどプレリリース版

    このように4種類のUnityバージョンに分けられます。

    ①LTSより過去のUnityバージョン

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_0

    (執筆時点)Unity2019とUnity2020がLTSとして2年サポート中です。
    Unity2018以下のバージョンはサポート外 の過去バージョンです。

    よっぽどの理由がない限り使うことはないです。

    過去バージョンのインストール方法は後ほど解説しています。

    ②LTSより未来だけど正式リリース版

    LTSではないが、正式にリリースされたUnityバージョンです。
    つまりLTSより新しいUnityだけどテストを合格した、
    安定のUnityバージョンということです。

    LTSと何が違うのか?というと 「機能が追加されるバージョン」 なのです。
    LTSはあくまで安定版であり、不具合修正しかサポートされません。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_1

    執筆時点ではUnity2021がLTSではないけど正式版としてリリースされています。

    作っているゲームがまだまだ先なのであれば、このバージョンを使うのもあり。
    Unityの新機能を使ってより開発効率が上がるかもしれません。

    UnityエディタのインストールはUnity Hubを使えば簡単です。

    【注意】③LTSより未来だけどプレリリース版

    LTSより未来だけどプレリリース版は危険です。
    つまり「超不安定」だということ。

    Unityバージョンの中には、「a」や「b」が付いているものがあります。

    どちらも 開発中でテストが完了していない不安定なバージョン です。
    (ベータの方がより製品版には近い)

    スマホゲームでクローズドベータテスト開催中って聞いたことないですか?
    それと同じで、 ベータとは開発中の製品 ということです。

    アルファやベータはマジで不安定

    何が注意なのかと言うと、
    本番のゲーム開発にアルファやベータバージョン使ってはいけません。

    というのも 動作が不安定だから
    すぐクラッシュしたり、不具合が起きたりと開発どころではないからです。

    アルファやベータで製品版の開発はやめた方が無難

    アルファやベータのメリットは何かというと、 Unityの新機能を使うことはできること です。
    新機能をいち早くキャッチアップしたい人向けのバージョンだということ。
    あくまで新機能をチェックするだけと割り切った使い方なら大丈夫。

    つまりUnity初心者は、使うことはありません。
    Unityに慣れてきたら使ってみてください。

    Unityバージョン管理はUnity Hubで決まり

    Unityのバージョン管理について解説します。
    結論を簡単にまとめると Unity HubでUnityバージョンを管理するのがベスト
    2018年以前のUnityバージョン個別インストールは過去のもの。

    Unity Hubの登場で全て変わりました。

    Unity HubによってUnityバージョンを一元管理。
    プロだろうが素人だろうが関係ありません。
    とにかくUnity Hubを使えばよい です。

    まだUnity Hubを使ったことがないという方は、コチラの記事をどうぞ。

    Unityのバージョン管理は昔は大変だった?

    少し昔話。2018年以前はUnityのバージョン管理は一苦労でした。
    なぜかというと、Unityをインストールすると、
    Unity.app というファイルが作られるだけだったから。

    つまり、どのバージョンをイントールしても Unity.app というファイルに上書きされてしまうのです。

    だから昔の人は Unity5_3_2f1.app のように バージョン付きのファイル名 にして
    上書きされないようにしていました。

    間違えて上書きしちゃうと、もう何のバージョンだったのかわかりません。
    本当にこの時代はカオスでした。

    この頃の話に興味がある方はコチラの記事をどうぞ。

    Unity Hubがバージョン管理を容易に。複数同時起動もサポート

    2018年頃救世主 「Unity Hub」 がリリースされました。
    それ以降Unityのバージョン管理は イージーモードへ突入。

    Unity HubにただUnityバージョンを突っ込んでいくだけになり、
    アプリケーションファイルのリネームも不要。
    複数バージョンの同時起動もサポート され、
    まさに いたれりつくせり

    カオスの時代を知っている人にとっては、
    Unity Hubを使わないという選択しは皆無です。

    つまり、 ぜひともUnity Hubを使おう という話。
    手作業のUnityのバージョン管理ほど無駄なことはない。

    時間は大切ですよね。
    だまされたと思って Unity Hubでの管理をオススメ します。

    Unityバージョンの調べ方

    ここまでUnityバージョンの管理について解説してきました。
    Unityバージョンは「安定性」以外に重要視するべきポイントがあります。

    それは Unityプロジェクトが指定するUnityバージョンを使う必要があること です。
    例えば、Unity2020.3.10で作られたものは、同じ Unity2020.3.10 で開く必要があるのです。

    もし間違えるとファイルが壊れたり、不具合が出る可能性があります。
    Unityのバージョンはとても大事 なのです。

    例えば仕事でUnityプロジェクトをメンバーから渡された時、どのUnityバージョンで開けば良いかわかりませんよね。

    つまり、 Unityバージョンを確認する方法は知っておくと便利

    本章ではUnityバージョンを確認する2つの方法を紹介します。

    Unityバージョン確認方法① Unity Hubで確認

    Unity Hubを使うと簡単にUnityのバージョン確認ができます。

    そもそも「Unity Hubって何?」という人は次の記事を読んでみてください。
    理解が深まりますよ。

    話を戻します。
    次の画面はオオバのUnity Hubの画面です。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_2

    「Unityプロジェクトの一覧」と「必要なUnityバージョン」が記載されています。
    つまり、 Unity Hubを見るだけで必要なUnityバージョンが分かる ということです。

    とっても簡単。

    この方法だけ覚えておけば問題ありません。

    Unityバージョン確認方法② ProjectSettingsフォルダで確認

    Unity Hub登場以前から続く旧来のやり方も紹介します。

    1.Unityプロジェクト直下のProjectSettingsフォルダを開く

    今回サンプルのUnityプロジェクトを用意しました。
    このプロジェクトが必要とするUnityバージョンの確認方法です。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_3

    プロジェクトの直下にある ProjectSettings フォルダを開きましょう。

    👉 【ゲーム開発の始め方】Unityプロジェクトを作ろう

    2. ProjectVersion.txtを開く

    ProjectSettingsフォルダの中身です。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_4

    その中の ProjectVersion.txt をテキストエディタで開きます。

    3. Unityのバージョン確認完了

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_5

    オオバはMacユーザーなのでMac標準の テキストエディット.app を使って開きました。

    ProjectVersion.txt の中にUnityバージョンが記載されています。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_6

    m_EditorVersion: バージョン名
    これがこのUnityプロジェクトのUnityバージョンです。

    Unity2020.3.19f1 を使っているということが分かりました。

    以上2つ方法を使ってUnityプロジェクトのバージョンを調べてみてください。
    Unityを開くときは バージョンが大事 だということを覚えておきましょう。

    Unityバージョンを加える方法

    Unityバージョンを加える方法を紹介します。
    最新バージョンと過去バージョンでインストール方法が違います。

    それぞれ解説していきますね。

    最新のUnityバージョンを加える方法

    最新のUnityバージョンはUnity Hubから簡単にインストールできます。
    では、Unity Hubを開きましょう。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_7

    すると次の画面が表示されます。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_8

    執筆時点のLTS最新は 2020.3.31f12019.4.36f1 の2つ。

    このように最新バージョンはUnity Hubから簡単にインストールできます。

    Unityの旧バージョンのインストール方法

    一方、 最新バージョン以外はUnity Hubでそのままインストールすることはできません。
    Unityエディタの旧バージョンをインストールする方法を紹介します。

    まずはUnity Hubを開きましょう。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_9

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_10

    するとブラウザが起動します。

    Unity公式サイトの旧バージョンがリストアップされた ダウンロードアーカイブページ が開きます。

    Unityダウンロードアーカイブページから旧バージョンを選択

    最新を含むすべてのUnityバージョンはUnityダウンロードアーカイブ
    まとまっています。

    ちなみに直接ブラウザからアクセスすることもできます。
    ↓のURLをブックマークしておくと良いでしょう。
    👉 Unityダウンロードアーカイブはコチラをクリック

    今回は例として、旧バージョンの
    Unity2020.3.17 をインストールしてみます。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_12

    Unity2020.3.17の Unity Hubボタンをクリックしましょう。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_13

    すると 「Unity Hubを開きますか?」 というダイアログが開きます。
    Unity Hubを開く ボタンをクリックします。

    ブラウザ経由でUnity Hubが起動する

    Unity Hubが自動で起動します。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_14

    指定した過去バージョンのUnityインストール画面が表示され、
    インストール をクリックするとインストールが開始します。

    Unity最新バージョンはUnity Hubからそのままインストール 可能ですが、過去バージョンはブラウザ上で選択 して、Unity Hubでインストール。

    この違いを覚えておきましょう。

    Unityエディタのバージョンアップ3ステップ

    Unityエディタのバージョンアップ方法を紹介します。
    「バージョンアップ」と聞くと少し怖いですが、Unity Hubを使うと簡単です。

    1.Unity Hubのエディタバージョンをクリック

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_15

    まずは、バージョンアップしたUnityプロジェクトの エディタバージョン をクリックします。

    2.バージョンアップしたいバージョンを選択して開く

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_16

    ①バージョンアップしたい バージョン を選択します。
    今回の場合は、 「Unity2020.3.26f1」 から 「Unity2021.2.8f1」 へバージョンアップします。
    バージョンを選んだら②の開くボタンをクリックします。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_17

    バージョンを変更 ボタンをクリック。
    するとUnityエディタのアップデートが始まります。

    3.バージョンアップ中何度かダイアログが表示される

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_18

    アップデート途中このようなダイアログが出るかもしれませんが、 Continue をクリックします。
    その後も何度か同様の確認ダイアログが表示されることがあります。
    OKやContinueを選択しましょう。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_19

    しばらくするとこのように新しいバージョンのUnityエディタが開きます。
    無事に Unityエディタのバージョンアップが完了 しました!

    Unity Hubなら簡単にUnityエディタのバージョンアップができますね。

    【注意】すでに開いているUnityプロジェクトはバージョンアップできない

    すでに開いているUnityプロジェクトはバージョンアップできません。
    以下のようなダイアログが表示されます。

    Unityバージョンのおすすめの選び方バージョンアップや注意点まとめ_20

    Unityプロジェクトを閉じて再度バージョンアップを試しましょう。

    UnityバージョンアップでUnityが起動しなくなるトラブル

    UnityをバージョンアップするとUnityエディタが起動できなくなる時があります。バージョンアップする際は必ずバックアップを取った状態で実行してください。

    こちらの記事ではアセットインポートが終わらずUnityが起動できない、操作できない状態の解決方法を解説しました。どんなトラブルが発生するか知っておくことは大事です。ぜひ読んでみてください。

    Unityバージョンの落とし穴3選

    長年Unityを使ってきて気づいたUnityバージョンの落とし穴を3選紹介します。

    Unityバージョンの落とし穴3選

    ①Unityのバージョンを離すと危険

    ②Unityバージョンの落とし穴LTS初期は不安定

    ③今より低いUnityバージョンで開くのは禁止

    1.Unityのバージョンを離すと危険

    Unityのバージョンアップで重要なことは、
    現在のバージョンとバージョンアップする番号を離さないことです。

    ↓具体的には、こんなイメージです。

    前者は1バージョン、後者は4バージョン離れています。
    バージョンが離れれば離れるほど追加作業が増える傾向にあります。

    このように新しいUnityを使い続ける方針があると安心です。

    リスクの小さい、小規模な苦労を何度もするか、
    ハイリスクで大規模な苦労を時々とるか。

    プロジェクトの状況によって戦略は変わりそうですが、
    個人的には前者 「リスクの小さい、小規模な苦労を何度もする」がおすすめです。

    2.Unityバージョンの落とし穴LTS初期は不安定

    LTSは安定版とお話しましたが、例外があります。
    出たばかりのLTSは安定版なのに不安定 なのです。

    これはあくまで経験則ですが、
    リリースされたばかりのLTSはどうも不安定なことが多い。

    例えばUnity2019.4LTSを使っていて、
    Unity2020.3(LTS)がリリースされたのでアップグレード。

    すると、すぐにUnityエディタがクラッシュしたり、謎の不具合が出たりなど、、、
    結局Unity2019.4に戻した 経験があります。

    感覚的には マイナーバージョンが6や7くらいまで待つのが良い です。
    具体的に言うと、Unity2020.3.6やUnity2020.3.7まで待つということです。

    そこまでLTSもバージョンアップすると安定してくる印象。
    ぜひ参考にしてみてください。

    3.今より低いUnityバージョンで開くのは禁止

    Unityは今より低いバージョンで開くことは絶対に禁止 です。
    Unityは低いバージョンで開くことを保証していないから です。

    無理やり低いバージョンで開くこともできますが、
    ファイルが壊れたり、大量のエラーが出たりします。

    Prefabの構造がぐちゃぐちゃになり、
    復旧不能 な場合もあるため本当にオススメしません。

    Unityは基本的には低いバージョンから高いバージョンに上げるだけであることを覚えておきましょう。

    まとめ : Unityバージョンまとめ

    本記事ではUnity開発では欠かせない知識「Unityバージョン」について徹底的に解説してきました。
    内容を簡単にまとめます。

    Unityバージョンまとめ

    ①UnityおすすめバージョンはLTSの最新バージョン

    ②Unity Hubを使うとUnityバージョン管理は簡単

    ③最新バージョンはUnity Hub、過去バージョンはブラウザ経由でインストール

    ④Unityのバージョンアップはエラーの解消が大変

    ⑤Unityバージョンを離さない

    ⑥Unityのバージョンは絶対に下げない

    こんな感じです。

    Unityバージョンの追加方法から、Unityプロジェクトのバージョンアップ、注意点まで解説しました。
    一度に理解することは難しいかもしれません。

    必要になったタイミングで1つずつ理解してみてください。
    時が経てばUnityのバージョンアップは必須作業です。

    これは避けることは不可能です。

    そして、Unityのバージョンアップ作業は痛みを生じることが多い。

    オオバ
    オオバ
    オオバも痛い目を見た記憶が何度もあります

    記事内でも紹介しましたが、 可能なかぎりUnityバージョンを離さないことが大事 です。
    また特殊なUnityの使い方をすると、その部分でエラーが出やすくなりますので注意。

    Unityのバージョン周りで困ったことがありましたら、本記事を参考にしていただければと思います。

    「Unity初心者大学」というUnity初心者向けのYouTube始めました!!
    ぜひチャンネル登録をお願いします!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    すばらしいUnityライフをお過ごしください。

    オススメ記事
    検証環境