こんにちは、Unityエンジニアのオオバです。

お悩みさん
お悩みさん
  • Unityを始めたいけどどうすればよいかわからない
  • Unityプロジェクトってなに?
  • Unityプロジェクトの作り方を知りたい
  • オオバ
    オオバ
    本記事ではこれらの悩みを解決します。

    Unityでゲーム開発を始めるためには、 Unityプロジェクトが必要です 。Unityプロジェクトには基本的にゲームに含まれるすべてのデータが格納されています。つまりゲーム開発はUnityプロジェクトの中で行うのです。

    本記事では Unityプロジェクトの作り方 をわかりやすく解説します。

    Unityプロジェクトの作成はUnity Hubで完結

    Unityプロジェクトを作るのとても簡単です。Unity Hubと呼ばれるUnityエディタ管理アプリを使います。Unity Hubは Unity公式のアプリケーション なので安心して使ってください。すべての作業はUnity Hubで完結します。

    また、初心者が迷う点は 「どのUnityバージョンを選べばよいのか」 について。こちらも失敗しないUnityバージョンの選び方を解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

    この記事を読めばUnityプロジェクトの作成に迷いがなくなり、安心してゲーム開発を始められます。 ぜひ最後まで読んでみてください。

    →11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

    Unityプロジェクトとは?

    そもそも Unityプロジェクトとはゲームの開発データそのもの です。

    Unityを始めるためには「Unityプロジェクト」を作る必要があります。Unityプロジェクトを作る単位は 「1つのゲームに1Unityプロジェクト」 です。

    Unityプロジェクトにはゲームに含まれるすべてのデータが格納されており、基本的にUnityプロジェクトの中でデータの作成、更新、削除をします。プログラミングも同様Unityプロジェクトの中で行います。

    Unityで新しく作業するときは必ずUnityプロジェクトを作る ということを覚えておきましょう。

    【準備】Unityプロジェクト作成前の3つの手順

    早速Unityプロジェクトの具体的な作り方を解説していきます。作業前に3つの準備をします。

    Unityプロジェクトを作成する前準備2つの手順

    準備①Unity Hubのインストール

    準備②Unity IDの取得(Unityアカウント作成)

    準備③バージョンを選んでUnityエディタのインストール

    Unityプロジェクトの作成には「Unityエディタ」が必要です。Unityエディタとはゲーム開発に使うメインのアプリケーション。Unity Hubを通してUnityエディタもインストールします。

    また、事前にUnity IDも必要です。Unity IDとは Unityのアカウント でUnityエディタ、その他Unityサービスの利用に使います。

    👉 【2022年版】Unity ID(アカウント)の作り方から使い方のまとめ

    開発前のもろもろの手順は次の記事でまとめていますので、ぜひ一度目を通してみてください。

    おすすめのUnityエディタのバージョン

    Unityプロジェクトを作るためには Unityのバージョン を指定します。このバージョンが曲者で、過去バージョンを含め数多く存在します。この中からどのバージョンをインストールすべきかわからないですよね。

    基本的には「LTS」と呼ばれる安定版を使うことをおすすめします。 最新版を使うとUnityの新機能が使えて便利なのですが、不安定でクラッシュしたり不具合に出会うことも多々あります。

    次の記事では 失敗しないUnityバージョンの選び方 をまとめています。Unityバージョンに迷っている方はぜひ読んでみてください。

    Unityプロジェクトの作成方法3つの手順

    ここから実際にUnity Hubを通してUnityプロジェクトを作っていきます。Unity Hubを開きましょう。

    【ゲーム開発の始め方】Unityプロジェクトを作ろう_0

    オオバはMacで開発している、キャプチャ自体はMacのものです。

    ※Windowsでもほぼ同じです

    今回は Unity2020.3.26f1 がすでにインストールされている前提で話を進めます。

    Unityプロジェクトの作成方法3つの手順

    ①Unity Hubのプロジェクトを選択

    ②Unityバージョンを選択

    ③必要な情報の入力

    👉 【2022年版】Unity開発にオススメのパソコン損しない選び方※どこでもいつでも開発したい人向け

    手順①Unity Hubのプロジェクトを選択

    Unity Hubの左のメニュープロジェクトを選択します。

    【ゲーム開発の始め方】Unityプロジェクトを作ろう_1

    新しいプロジェクトを作る際には必ずこの手順を踏みます。

    手順②Unityバージョンを選択

    【ゲーム開発の始め方】Unityプロジェクトを作ろう_2

    エディターバージョン 」には事前にインストールしたUnityエディタのバージョンがリストアップします。あたなが指定したバージョンを選んでみてください。

    手順③必要な情報の入力

    【ゲーム開発の始め方】Unityプロジェクトを作ろう_3

    以上の手順でUnityプロジェクトは作成されます。テンプレートにはさまざまなサンプルやテンプレートが提供されています。余裕のある方は別のテンプレートを選んで触ってみてください。

    【ゲーム開発の始め方】Unityプロジェクトを作ろう_4

    例えば「FPS Microgameテンプレート」はFPSゲームを触りながらUnityを学べます。Unity公式からこのような教材が手に入るため、ぜひUnityの学習に使ってみるとよいでしょう。詳しくは次の記事を読んでみてください。

    FPS Microgame以外にも面白いテンプレートやサンプルが提供されていますのでぜひ触ってみてください。

    話を戻して、以上の作業を終わらせると、Unityエディタが起動します。

    【ゲーム開発の始め方】Unityプロジェクトを作ろう_5

    これでUnityプロジェクトは完成です。開発のスタート地点に立てたというわけです。これからどんなゲームを作っていくのかワクワクしますね。

    もしあなたがiOS向け、Android向けにゲームを作る場合は、Unityプロジェクトの設定を変更する必要があります。詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

    Unityプロジェクトのバージョンはいつでも変更できる

    Unityプロジェクトの作成おつかれさまでした!今後Unity開発をする中でUnityのバージョンを変えたくなるときがあります。例えば、以下のような理由です。

    Unityのバージョン変更もUnity Hubを通して簡単に実行できます。ただし、 絶対にやってはいけないこともあります。 ぜひとも初心者の方には絶対に知っておいてもらいたいことです。

    次の記事に詳しく解説しましたので、バージョンを変更するときは参考にしてみてください。

    まとめ

    Unityプロジェクトの作成方法を解説してきました。Unity Hubを使うと一連の作業が完結します。

    しかし作成したUnityプロジェクトには何も表示されていませんよね。そう、これからゲームをあなた自身が作っていくことになるのです。

    Unity開発を始めるとわかるのですが、特有のハマリポイントがあります。本ブログではそういったハマりポイントの回避方法や効率的な開発手法を紹介しています。

    ほかの記事もぜひ読んでみてください!きっとあなたの開発の役に立つはず。

    「Unity初心者大学」というUnity初心者向けのYouTube始めました!!
    ぜひチャンネル登録をお願いします!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    すばらしいUnityライフをお過ごしください。

    オススメ記事
    検証環境