こんにちは、Unityエンジニアのオオバです。

Unityから無料で提供されているテンプレート
FPS Microgameをご存知でしょうか。

FPSとは「First Person Shooting Game」の略。
いわゆるApex Legendsのような
一人称視点のゲーム です。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_0

画像:ApexLegend公式サイトより

FPS Microgameテンプレートは
そんなFPSの作り方を学べる教材です。

どんなものか紹介していきます。

FPS MicrogameにはUnity操作の基本が詰まっている

最初に結論をまとめます。

全体的にチュートリアルの指示に従うだけで
FPSのゲームの開発ができて楽しいです。

楽しみながらUnityの基本を学べます。

あくまでUnityの基本を学ぶチュートリアルなので、
FPSゲームの内部構造を理解できるようなものではありません。

もちろん自分でソースコードを読んで学ぶということは可能。

FPSゲームの作り方を学ぶというより、
Unityの基本操作をチュートリアルを通して学べる教材 と割り切ったほうがよいです。
基本はナビに従うだけで簡単です。

オオバ
オオバ
Unity初心者の方に触ってもらうと良さそうです。

ここからはFPS Microgameの始め方を紹介します。

→11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

UnityHubでFPS Microgameを始める

最初にUnityHubのテンプレートから
FPS Microgame を選択してUnityプロジェクトを作成します。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_1

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_2

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_3

以上でUnityプロジェクトの作成は完了です。

Unity Hubを使っていない方はこちらの記事をどうぞ。
Unityを始めるときはUnity Hubを使うことをおすすめします。

Load Tutorialsでチュートリアル開始

Unityプロジェクトを開くと
このような画面になります。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_4

Load Tutorials ボタンをクリックすると
チュートリアルは開始します。

ちなみにこの Getting Started with Unity ウィンドウは
初回のみ表示されます。

チュートリアルウィンドウのナビに従うだけで学べる

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_5

右側の Tutorial ウィンドウの
指示に従います。

Start ボタンをクリックしてチュートリアル開始。

まずはUnityの再生方法を学ぶ

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_6

画面中央上部の再生ボタンをクリックすると
プログラミングしたものがUnity上で動き出します。

再度再生ボタンをクリックすると停止します。

Unityの超基本的な機能を
丁寧に解説 しながら進んでいきます。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_7

このようなFPSゲームが動きます。

操作方法はこんな感じです。

Escapeキーでマウスを解除

再生モードに入るとマウスカーソルが消えます。
チュートリアルに戻る場合は、
一度 Escapeキー を押すことで解除されます。

ヒエラルキー / インスペクタ操作

ヒエラルキー、インスペクタの操作方法に入ります。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_8

Playerという名のGameObjectを選択。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_9

Gravity Down Force
20から12に変更するよう指示されます。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_10

12に変更したら Next ボタンをクリック。

再び再生モードで変更を確認

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_11

重力が小さくなり、
ジャンプ時の滞空時間が伸びました。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_12

このようにパラメータを変化させて
面白いゲームに作り上げていく
ゲームづくりの断片を教えてくれます。

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_13

これで1つ目のチュートリアルは完了です。

完了済みも含めチュートリアルを再生可能

FPSゲームサンプルを通してUnityの基本を学ぶ_14

Tutorialウィンドウ から
やりたいチュートリアルを実行することができます。
(完了済みも再びチャレンジ可)

まとめ : FPS Microgameテンプレートはゲームづくりの断片を体験できて良いです

FPSはゲーム開発初心者には
想像もつかないようなゲームです。

ポイントは 小難しい部分を全てスキップ して、
ステージの追加やパラメータの調整など
ゲームづくりの楽しい部分だけを切り出している点です。

同時にUnity操作を覚えられるという点で
価値のあるチュートリアル だと思いました。

ちなみに全部で8つのチュートリアルが用意されています。

など。

Unity初心者にとっては貴重な情報が詰まっています。

FPS Microgameに興味を持った方は
ぜひUnity Hubからダウンロードして遊んでみてください。

「Unity初心者大学」というUnity初心者向けのYouTube始めました!!
ぜひチャンネル登録をお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
すばらしいUnityライフをお過ごしください。

オススメ記事
検証環境