こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

Unity5.5.0からキャッシュサーバーにローカルキャッシュ機能が追加されました。ローカルキャッシュを使用するとどのくらいSwitch Platformが早くなるのかを検証します。

今すぐ設定すべきUnityキャッシュサーバーのローカルキャッシュは非常に有用だった件_0

1024☓1024pxのこの画像を3枚プロジェクトに格納し、Switch Platform完了の時間を計測してみます。

各プラットフォームごとのテクスチャ圧縮方法はコチラ。

■PC&MacからiOS切替時 (未キャッシュ)

46.23秒

■iOSからAndroid切替時 (未キャッシュ)

2分50.66秒

■AndroidからiOS (キャッシュ済)

約1.0秒

■iOSからPC&Mac (キャッシュ済)

約1.0秒

※秒数はPC環境に左右されると思いますので、あくまで参考値としてください

この記事の内容

まとめ

初回キャッシュ生成時間はどうしようも出来ないですが、キャッシュされるとスイッチがメチャメチャ早くなるので、Swtich Platformをよく使用する人には非常にオススメです。

今までキャッシュサーバーを立てないといけない、アセットFast Platform Switch(現在閉鎖中)を使うなどしてSwitch Platformのスピードを何とかして上げてましたが、Unity5.5.0からは サーバーもアセットも不要で高速にスイッチできる環境 になったようです。

ただ、ローカルキャッシュなので、重めのプロジェクトを複数起動したりしていたら、容量次第ではすぐに一杯になってしまうため、HDDにはゆとりを持たせないといけないです。

余談

今回の検証時点で、3つのプラットフォーム分のキャッシュが作られ、ローカルキャッシュ内のサイズが8.9MBになっています。

今すぐ設定すべきUnityキャッシュサーバーのローカルキャッシュは非常に有用だった件_1

このような感じでキャッシュファイルが作られます。

注意

Switch Platformしてもキャッシュサイズの表示の更新が走らない です。

今すぐ設定すべきUnityキャッシュサーバーのローカルキャッシュは非常に有用だった件_2

Unityを再起動すると以下のように数値表示が更新されます。

今すぐ設定すべきUnityキャッシュサーバーのローカルキャッシュは非常に有用だった件_3

期間限定 最大95%オフセール
効率UPメガバンドル開催中!最大95%オフ!!!
期間 : 11月1日午後15時59分まで
オススメ記事
検証環境