こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

UnityのCinemachine使用中に時々CinemachineVirtualCameraがCinemachineBrainに登録されなくて、アクティブにならないということが起きました。

そんなときにチェックしておきたいポイント2点をメモしておきます。

1.カメラ本体のCulling MaskにVirtualCameraのレイヤーが含まれていない

個人的にハマりました。

ここで言うカメラ本体とは、CinemachineBrainコンポーネントがくっついているCameraコンポーネントです。
※Cinemachineの構造的には、CinemachineBrainにVirtualCameraがぶら下がっています。

例えばカメラ本体のCulling MaskがLayerAのみだった場合、CinemachinVirtualCameraのレイヤーはLayerAでなければ認識されません。

CinemachineVirtualCameraが認識されなくなったときに見落としがちな2つのチェックポイント_0

CinemachineVirtualCameraが認識されなくなったときに見落としがちな2つのチェックポイント_1

2.カメラ本体のCulling MaskにVirtualCameraの親階層のレイヤーが含まれていない

これもハマりポイントだったのですが、CinemachineMixingCamera のように子階層にCinemachineVirtualCameraを保持するタイプのコンポーネントの場合は、親階層にあたるCinemachineMixingCameraのレイヤーがカメラ本体のCulling Maskに含まれていないと認識されません。

CinemachineVirtualCameraが認識されなくなったときに見落としがちな2つのチェックポイント_2

以上。

期間限定 最大95%オフセール
効率UPメガバンドル開催中!最大95%オフ!!!
期間 : 11月1日午後15時59分まで
オススメ記事
検証環境