こんにちは、Unityエンジニアのオオバです。

Cinemachine便利ですよね。
カメラ演出を作るときに大活躍します。

ところでCinemachineVirtualCamera
(以下 : VirtualCamera)が
認識されなくなる ことありませんか?

ときどきVirtualCameraが
CinemachineBrainに登録されなくなります。

つまりVirtualCameraが
アクティブにならないということが起きるのです。

そんなトラブルが起きたときに
チェックしておきたいポイント2点を解説します。

→11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

1.カメラ本体のCulling MaskにVirtualCameraのレイヤーが含まれていない

カメラ本体の Culling Mask をまずチェックしましょう。
VirtualCameraのレイヤーが含まれてる必要があります。

ここで言うカメラ本体とは、
CinemachineBrain コンポーネントが
くっついている Camera です。

※※Cinemachineの構造的に、CinemachineBrainにVirtualCameraがぶら下がります

CinemachineVirtualCameraが認識されなくなったときに見落としがちな2つのチェックポイント_0

例えばカメラ本体の
Culling MaskLayerAのみの場合です。

CinemachineVirtualCameraが認識されなくなったときに見落としがちな2つのチェックポイント_1

VirtualCameraのレイヤーは
LayerAでなければ認識されません。

2.カメラ本体のCulling MaskにVirtualCameraの親階層のレイヤーが含まれていない

CinemachineMixingCamera のような子階層に
VirtualCamera
ぶら下げるタイプのコンポーネントの場合です。

CinemachineVirtualCameraが認識されなくなったときに見落としがちな2つのチェックポイント_2

親階層にあたる CinemachineMixingCamera のレイヤーが
カメラ本体のCulling Maskに含まれていないと認識されません。

これもハマりポイントです。

まとめ : CinemachineVirtualCameraが認識されなくなったときはレイヤーを疑え

  1. カメラ本体のCulling MaskにVirtualCameraのレイヤーが含まれていないと認識しない
  2. カメラ本体のCulling MaskにVirtualCameraの親階層のレイヤーが含まれていないと認識しない

今回この2パターンを紹介しました。

大事なのは「レイヤー」設定ですね。
カメラ本体、VirtualCameraそれぞれの
レイヤー設定をチェック してみましょう。

するとトラブルが解消されるかもしれません。

「Unity初心者大学」というUnity初心者向けのYouTube始めました!!
ぜひチャンネル登録をお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
すばらしいCinemachineライフをお過ごしください。

オススメ記事
検証環境