こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

これらを利用するためには
UnityIDが必要になります。

Unity開発を進める上で
いずれ必要になります。

開発に入る前にUnityIDを
取得しておくことをオススメします。

ちなみにUnityIDを作る上で必要なものは
メールアドレスだけです。

以降 画像キャプチャ付きで 紹介します。

この記事の内容

1.公式サイトでCreate a Unity ID

【2021年版】UnityIDの作り方※全画面キャプチャ付_0

https://unity.com/jaにアクセスします。

2.個人情報を入力

【2021年版】UnityIDの作り方※全画面キャプチャ付_1

オオバ
オオバ
各種情報はあとから変更可能です

【2021年版】UnityIDの作り方※全画面キャプチャ付_2

このような画面に遷移しますが、
このまま置いておき、メールをチェックして下さい。

3.メールボックスをチェック Link to confirm email

【2021年版】UnityIDの作り方※全画面キャプチャ付_3

個人情報で入力したメールアドレス宛に
Unityからメールが届きます。

Link to confirm email をクリックします。

【2021年版】UnityIDの作り方※全画面キャプチャ付_4

↑のページがブラウザで開くので、
①にチェクを入れて、
検証 ボタンをクリックします。

【2021年版】UnityIDの作り方※全画面キャプチャ付_5

「2.個人情報を入力」で置いておいた
画面に戻り、 続行 ボタンをクリックします。

4.UnityIDの作成完了

【2021年版】UnityIDの作り方※全画面キャプチャ付_6

UnityIDの作成が完了しました。

UnityHub または Unityエディタ からログインすることで
各種Unityのサービスが使えるようになります。

まとめ : UnityIDの作り方

記事の内容をまとめます。

特に落とし穴はなく、
スムーズにUnityIDを作成できると思います。

時間の経過とともにUnityIDの作成画面の
デザイン、UIは変わります。

本記事はUnityIDの作成方法の変更に
対応していきますので、
もし情報が古くなっていましたら、
Twitter @ohbashunsukeまで
ご連絡いただければありがたいです。


フォローすると UIデザイナー力の上がるTwitter やってます!
今日から使えるテクニックを発信中。
ぜひフォローしてみてください!
👉フォローはこちら!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
すばらしいUnityライフをお過ごしください。

オススメ記事