こんにちわ、Unityエンジニアのオオバです。

先日Unity2018.3.0が正式リリースされ、リリースノートを粛々読んだり、Unityブログを舐めている最中です。

気になった機能の一つとして、GCをコントロールするAPIが提供されたようなので検証しておきます。

GarbageCollectorクラスを使う

UnityEngine.Scriptingネームスペースに、GarbageCollectorというスタティッククラスが追加されています。機能としてはとてもシンプルで、GCをONにするかOFFにするかをセットするだけです。

コードとしては以下のような感じになります。
Required : Unity2018.3.0 Higher · GitHub

ご存知の通り、本来GCはシステムが気を利かせて正常にプロダクトが動作するように実行しているお掃除です。
それを開発者側で止めることが出来るようになったのは、嬉しいことですが責任も乗っかってくるため、用法用量を守って正しく使う必要がありそうです。

ひとこと

島村楽器店で電子ピアノについての各メーカーの特徴を伺ったところ、ローランド最高ということだけわかった。

オススメ記事
検証環境