こんにちは、Unityエンジニアのオオバです。

お悩みさん
お悩みさん
  • そろそろUnity2021を使いたいけど便利になった?
  • Unity2021の新機能を簡潔に知りたい
  • ぶっちゃけUnity2021って良い?
  • オオバ
    オオバ
    本記事ではこれらの悩みを解決します。

    2022年4月13日に、待望の Unity2021LTS がリリースされました。LTSとは2年サポートの安定版です。つまり、安定したため 業務にUnity2021を導入しやすくなった ということです。

    ちなみに、Unityt2021.2では 3000以上の修正720の新機能と変更 が盛り込まれています。
    すごい量ですよね。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_0

    ※CEDEC2021より

    ついに登場したUnity2021LTS。本記事ではUnity開発効率を爆上げする大きい新機能を4つ紹介します。
    ぶっちゃけ知らないとかなり時間を無駄にする新機能もあるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

    UnityのLTSについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
    ぜひ読んでみてください。

    Unity2020と比べてUnity2021は開発効率爆上がり

    今回紹介する4つの新機能はこちらです。簡単にまとめます。

    Unity2021の激ヤバ新機能4選
    • ①スケール比率固定機能
    • ②Quick Searchの進化で超速検索
    • ③Asset Import Overridesでテクスチャインポートの待ち時間が激減 ④UnityエディタがAppleシリコン対応

    どの機能もとても魅力的です。
    特に 「③Asset Import Overrides」 がアツいです。
    Unityの起動を爆速化 させます。
    テクスチャインポートの待ち時間にどれだけ人生の貴重な時間を奪われたか。
    確実に言えることは、 Unity2021はUnity2020の頃より開発効率は上がる ということです。

    Unityを長年使ってきた人は ワクワク するはず。

    では、1つずつ詳細に解説していきます。

    →11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

    新機能① 【待望】スケールの比率固定機能

    Transformインスペクタのスケールがついに進化しました。 比率固定のスケール変更 が可能になりました。

    今までScaleの各軸(X, Y, Z)はそれぞれ独立していました。

    ※XとYに同じ値を入れたくても、それぞれ入力しないといけなかった

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_1

    👆TransformのScaleに新アイコンが追加されました。

    比率固定ON比率固定OFF
    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_2
    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_2

    Scaleのアイコンをクリックすると有効化してみます。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_3

    ご覧の通り、X軸のスケールしか動かしていないのに Y、Z軸も同様にスケール値が変化するのです。

    全Unityエンジニアが待ち望んでいた機能ではと思うくらいありがたい機能。スケールは基本的に比率固定しか使わないですよね。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_4

    比率固定なため↑のようなスケール値の変更も可能です。

    RectTransformのスケールも対応済み

    当然といえば当然ですが、TransformのサブクラスRectTransformも比率固定スケールは実装済みです。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_5

    UI実装でスケールを編集することはあまりありませんが、ありがたい改修です。

    スケール比率固定をデフォルトONにする方法

    スケール比率固定機能はデフォルトOFF ですが変更可能です。 Create Objects with Constrained Proportions にチェックを入れます。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_6

    Create Objects with Constrained Proportions は、 メニューUnity > Preferences > Scene View から選択できます。デフォルトOFFになっていますので、Unity2021にしたタイミングで設定を見直すことをおすすめします。

    新機能② Quick Search(⌘ + K)の進化

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_8

    Quick Searchがとても便利になりました。Macの場合ショートカット : ⌘ + K

    などなど。

    いろんな場所を検索してくれます。おそらくヒエラルキーとプロジェクトでの検索で役に立ちそうですね。

    ヒットした項目の挙動変更化

    検索ヒットした項目をダブルクリックしたときの挙動をPreferenceから変更することも可能。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_9

    たとえば、↑の例ではSelectにしていますが、 Open にしていると、ファイルオープンしてくれます。かゆいところまで手が届きます的な姿勢が素晴らしいですね。

    新機能③ 【超重要】 テクスチャの待ち時間がなくなる

    Unity2021から Assets Import Overrides という機能が追加されます。テクスチャのインポートを ユーザーごとに上書き する機能。この機能が最もオオバ的に熱い!!

    結論、 テクスチャのインポート時間がなくなります。 どういう仕組みなのか解説します。

    非圧縮でインポート可能

    Assets Import Overridesを使うとテクスチャを非圧縮でインポート できます。何が良いのかというと、 テクスチャインポート時間がなくなる のです。

    Unityの待ち時間の大半はテクスチャの圧縮時間 です。

    よくUnityを起動するまでに時間がかかるときがありますよね。あの時間の大半はテクスチャのインポート時間です。テクスチャの圧縮時間は長いということです。

    この圧縮時間がなくなるため爆速でインポートは完了します。つまりUnity2021からは待ち時間を激減させ、すぐに作業が開始できるということです。

    Assets Imports OverridesはBuild Settingsから設定する

    Assets Imports Overridesの使い方は簡単です。 Build Settingsから設定 します。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_10

    デフォルトは No Overrideで動作しません。

    ※あくまで開発環境のみで動作させるように注意しましょう。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_11

    Texture Compression を 「Force Uncompressed」 に設定します。

    すると画像は非圧縮インポートになるため待機時間はかなり短くなるでしょう。

    ※設定の反映は「Apply Overrides」をクリック

    実際にどのくらい待機時間が短くなるのか気になりますよね。検証してみました。

    3GBの大容量アセットを使ったインポート時間計測結果 を共有します。どのくらい時間がかかったのか、興味ある方はぜひ読んでみてください。

    テクスチャのクオリティは実機で確認

    通常テクスチャの圧縮とクオリティの確認は基本的に実機でおこないます。 Unityエディタで確認してもあまり意味はありません。 対象となるスマホなどの実機でクオリティが担保できていれば、Unityエディタ(パソコン)で汚くても問題ないのです。

    つまり Unityエディタ上では基本的に非圧縮テクスチャで問題ない のです。

    職種問わずUnityエディタ上では非圧縮インポートが主流になるのではないかと思います。Unity2021からはチームメンバー全員がテクスチャの待ち時間に悩まされることは少なくなるでしょう。これによりチーム全体の作業効率は大きく上がりそうです。 実機ビルド時に圧縮設定を戻すのを忘れずに!

    Unity2021にアップデートする方法がわからない方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

    Unity2021からはテクスチャインポート自体が高速化している

    Unity2021では「Assets Imports Overrides」という強力な新機能を実装しながらも、 テクスチャインポート自体も早くなっています。

    圧縮テクスチャ高速化
    ETCへの変換2.7倍高速化
    ASTCへの変換2.6倍高速化

    ※Androidプラットフォームでの数値

    📚 参考サイト : Unity - 2021 texture import optimizations - Unity Forum

    以上の結果のとおり、Unity2021からテクスチャインポーターの改善がされているのです。
    結局「Assets Imports Overrides」はUnityエディタ上での改善であって、 実機ビルドする際には設定を元に戻す必要があります。 テクスチャインポートが早くなればなるほど実機ビルドの時間は早くなるため、ありがたい改善ですね。

    新機能④Appleシリコン対応エディタ登場

    Macユーザー限定の話ですが、M1Macに対応したUnityエディタが登場しました。

    【知らなきゃ損】Unity2021覚えておきたい新機能4選_12

    上図のとおりUnity HubからAppleシリコン版をインストール可能です。M1Macユーザーにとっては朗報ですね。

    厳選Unity2021新機能まとめ

    オオバ的に厳選した4機能を紹介しました。初心者から上級者の方まで使える機能だったのではないでしょうか。

    Unity2021覚えておきたい4機能

    ①スケールの比率固定機能

    ②Quick Search(⌘ + K)の進化

    ③テクスチャの待ち時間がなくなる

    ④M1Macに対応したUnityエディタ登場

    特に 「③ テクスチャの待ち時間がなくなる」 が開発環境にインパクト大!!Unity2021もそろそろLTSが登場し、本番プロダクトにも使われるようになります。

    ぜひ事前にUnity2021の使い勝手を確認してみてはいかがでしょうか。今回紹介した4つ以外にも大量の新機能が盛り込まれています。おもしろい機能があったら教えてください。

    オススメ記事
    検証環境
    参考サイト