こんにちわ、エンジニアのオオバです。

間違えたコミットを戻したり、
他の人の作業をとりこんだときによく使うのが
「強制プッシュ」

もちろんSourcetreeでも使えます。
ただ デフォルト状態では使用不可 です。

本記事では Sourcetreeの強制プッシュを
有効化する方法
を紹介していきます。

また Mac版 Sourcetree v4.1.3では
通常の方法で強制プッシュを設定できません。

強制プッシュできなくて困っている人の
お役に立てればと思います。

Sourcetreeの高度な設定 → 強制プッシュを許可

結論を簡単にまとめます。

Mac版 Sourcetree v4.1.3をお使いの方は、
日本語のままだと強制プッシュを有効化できないのが罠 です。

おそらくSourcetreeの不具合なので
いずれ直ると思いますが。

くわしく解説していきます。

この記事の内容

Sourcetreeの高度な設定を開く

強制プッシュを許可する場所は
Sourcetreeの 高度な設定 です。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_0

Sourcetree(メニュー) > 環境設定 > 高度な設定から
高度な設定を開きます。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_1

Mac版 Sourcetree v4.1.3の場合
高度な設定を選択できません。

一時的にSourcetreeを英語版にする

Sourcetreeの言語設定を英語にすることで回避可能です。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_2

環境設定を閉じたタイミングで変更した設定が保存 されます。
必ず環境設定を閉じたあとにSourcetreeを再起動しましょう。

環境設定を開いたまま ⌘ + QでSourcetreeを閉じて
再起動しても日本語設定のままになります。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_3

再起動するとSourcetreeの言語が
英語 になります。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_4

Sourcetree(メニュー) > Preferences > Advancedから
高度な設定を開きます。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_5

このように 英語版だとAdvanced(高度な設定)が選択できる のです。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_6

Allow force pushにチェックを入れます。
これが 強制プッシュの有効化 です。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_7

最後に言語設定を戻しましょう。

これでSourcetreeが日本語に戻ります。

プッシュのときに強制プッシュにチェックを入れる

強制プッシュ にチェックを入れるだけで
強制プッシュできます。

Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法※Mac版v4.1.3の不具合回避方法あり_8

プッシュするときのダイアログで設定可能。
これで無事に強制プッシュができるようになりました。

まとめ : Sourcetreeの強制プッシュを有効化する方法

記事の内容を簡単にまとめます。

こんな感じです。
強制プッシュを有効化する場所は
Sourcetreeのバージョンでコロコロ変わってきました。

現バージョンでは 高度な設定 に落ち着いていまね。

今回は例外な不具合に遭遇しました。
Mac版Sourcetree v4.1.3で困っている方がいらっしゃいましたら
参考にしていただければと思います。


フォローすると UIデザイナー力の上がるTwitter やってます!
今日から使えるテクニックを発信中。
ぜひフォローしてみてください!
👉フォローはこちら!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
すばらしいSourcetreeライフをお過ごしください。

オススメ記事
検証環境