こんにちは、Unityエンジニアのオオバです。

お悩みさん
お悩みさん
  • Unityでモノを配置する方法がわからない
  • Unityが用意しているオブジェクトって何?
  • Unity起動したけど何していいのかわからない
  • プログラミングは必要?
  • オオバ
    オオバ
    本記事ではこれらの悩みを解決します。

    Unity始めたばかり。

    👇とりえずきれいな空は見えたけど何して良いのかわからないですよね。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_0

    まずは Unity内にモノを配置してみる ことをオススメします。
    モノは「オブジェクト」とも呼ばれます。

    Unityには最初から用意しているモノ(3Dオブジェクト)がいくつかあります。
    本記事ではUnityが用意している3Dオブジェクトの配置方法を紹介します。

    ゲームを作るにはまず何かモノを配置しないと始まりません。
    この記事を通してゲーム開発のスタート地点に行ってみましょう。

    Unity内にモノを配置して自分の世界を作ろう

    結論を簡単にまとめます。

    今回はUnity内に地面をつくり、その上にモノを置いていきます。
    初期状態のUnityの世界には 何もありません。
    地面さえも自分でつくらなければ存在しないのです。

    つまりモノを配置していき、ゲームの世界を作っていくということになるのです。
    モノの配置はもちろんプログラミングでも可能。

    しかし、今回は プログラミングは1行も書きません。
    プログラミングせずともUnityはモノを配置することができてしまうのです。

    さあ、Unityで自分の世界を作ってみましょう。

    →11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

    Unityにモノ配置① Unityの中に地面をつくる

    モノを配置するということで、地面みたいなものをつくっていきます。
    Unityの初期状態には何もない世界です。

    自分で一から世界を構築していきます。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_1

    ① メニューのGameObjectを選び、
    ② 3D Objectを選択しましょう。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_2

    今回は「Cube(立方体)」を配置してみます。
    では、 Cube をクリックしましょう。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_3

    このように立方体が作られましたね。
    このとき立方体の座標が微妙な位置に作られるときがあります。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_4

    👆インスペクタを確認します。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_5

    このように微妙な座標ですね。
    座標を修正していきます。

    Unityにモノ配置② Positionで座標を変更

    地面のラインをY座標0地点をにしたいので座標を変更します。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_6

    Positionを👇以下の値に変更しましょう。

    これで立方体の位置が変わります。
    地面を世界の中心に配置したいため、X,Zともに0にしています。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_7

    こんな感じの見た目になったと思います。

    Unityでモノを配置するポイント
    • Positionを使って位置を調整しましょう
    • 初期配置では微妙な座標になっていることがあるので注意
    Yが-0.5である理由

    立方体の大きさは1メートル。Yを-0.5にしたということは立方体を0.5メートルの位置に配置したということです。

    立方体の基準点は立方体の中心です。つまり立方体の面は中心(基準点)から0.5メートルの位置にあるということ。地面をy軸0地点にするために立方体の位置を0.5メートル下げたということでした。

    ちょっとややこしいですね。

    Unityにモノ配置③ Scaleを使って地面を広げる

    このままでは、地面が狭すぎるため広くしていきましょう。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_8

    Scaleを以下の値に変更します。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_9

    するとこのように地面ができました。

    地面が下の画面外に出てしまいました。
    そこで見やすいように変更します。

    ハンドツールを選択してください。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_10

    Unityエディタ左上のアイコンです。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_11

    このように移動させましょう。これで作業しやすいですね。

    また、ハンドツールはショートカットを使うと更に便利です。

    ハンドツールのショートカット
    • Macの場合はコマンドキーとオプションキー同時押し中もハンドツールになるのでオススメ
    • Windowsの場合はコントロールキー + Altキーの同時押し

    このように少しずつショートカットを覚えていきましょう。

    Unityにモノ配置④ Unityに3Dオブジェクトを配置してみる

    地面にオブジェクトを配置していきましょう。
    ここでは「球」を配置してみます。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_12

    この手順で球が作られます。ちなみにSphere(スフィア)とは球のこと。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_13

    球は作られたのですが、案の定また変な座標へ。
    再び座標を変更します。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_14

    Positionを以下の値に設定してみましょう。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_15

    するとこのように球が地面に乗った状態になります。

    Unityが用意している立方体や球以外の図形

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_16

    Unityが用意する基本図形をすべて並べてみました。

    メニュー GameObject > 3D Object から選べる基本的な図形は6種類です。

    【初心者向け】今さら聞けないUnityでオブジェクト(基本図形)を配置する方法_17

    これらを組み合わせるだけでもゲームのステージは作れますね。

    まとめ Unityの中にモノを配置する方法

    記事の内容を簡単にまとめます。

    Unityにモノ配置まとめ
    • メニューのGameObjectからモノを配置
    • 6種類の基本図形を配置可能
    • 配置したモノは位置、回転、拡大縮小できる
    • プログラミングは不要

    いかがだったでしょうか。

    Unityの中に 自分の世界 を作れたでしょうか。
    意外と立方体と球だけでさまざまなものが作れますよね。

    小学生の娘もモノを配置する方法を教えたら、
    ドミノのようにきれいに直方体を並べて遊んでいました。

    このようにUnityの基本操作は 遊びながら学ぶ と良いと思います。
    慣れてきたら次の着色ステップに進んでみてください

    「Unity初心者大学」というUnity初心者向けのYouTube始めました!!
    ぜひチャンネル登録をお願いします!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    すばらしいUnityライフをお過ごしください。

    オススメ記事
    検証環境