こんにちは、エンジニアのオオバです。

お悩みさん
お悩みさん
  • UnityプロジェクトをiPhoneで動かしてみたい
  • Xcodeのビルド設定がわからない
  • オオバ
    オオバ
    本記事ではこれらの悩みを解決します。

    Unityでアプリをビルドした後、iPhoneなどのiOS実機でテストしたくなりますよね。
    Androidの場合はUnityから直接Android端末にアプリを転送できて簡単なのですが、iOSではそうはいきません。 必ずXcodeというアプリを通す必要がある のです。

    XcodeとはAppleが提供する公式のiOSアプリ開発するためのツールです(無料)。
    ただ正直 Xcodeの設定は複雑 で分かりづらく、iOS実機テストするのは意外と大変なのです。

    そこで本記事はiOS向けに開発しているUnityゲームをiOS実機でテストするまでの手順を分かりやすく紹介します。

    ゲームは実機でテストして初めて気づくことが多いです。より良いゲームを作るためには避けては通れません。ぜひこの記事を通してiOS向けのUnityゲームを実機でテストできるようにしてみましょう。

    iOS実機でテストするためにはXcodeが必要 です。こちらの記事を参考にインストールしてみてください。

    →11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

    Unity側の作業2ステップ

    まずはUnity側の作業から開始します。Unity作業は2つのステップが必要です。

    Unity側の作業2ステップ

    ステップ①iOS向けUnityプロジェクトの作成

    ステップ②UnityからXcodeプロジェクトの書き出し

    ステップ①iOS向けUnityプロジェクトの作成

    最初にiOS向けにUnityプロジェクトを設定する必要があります。デフォルト状態はPC向けのUnityプロジェクトだからです。

    こちらの記事でiOS向けのUnityプロジェクトの作り方、設定方法を解説しています。本記事とあわせて読んでみてください。

    既存のUnityプロジェクトを作成済みの方も大丈夫です。設定(Switch Platform)を変更するだけでiOS向けのUnityプロジェクトに変更可能です。ただしSwitch Platformはファイル数によって時間がかかる作業です。次の記事ではSwitch Platformを時短するテクニックを紹介しています。あわせて読んでみてください。

    ステップ②UnityからXcodeプロジェクトの書き出し

    ここからはiOS向けのUnityプロジェクトが作られていることを前提に進めていきます。
    最初にやるべきことはUnityからXcodeプロジェクトの書き出しです。

    手順はとても簡単。

    まずはBuild Settingsを開きましょう。

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_0

    Build Settingsの中の、 Build ボタンをクリック。

    するとXcodeプロジェクトの書き出しが始まります。

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_1

    このようにファイルが書き出されます。この中の、Unity-iPhone.xcodeproj をXcodeで開きます。

    以上でUnityでの作業は終了です。ここからはXcodeサイドの作業に入ります。

    Xcodeの作業4ステップ

    Xcodeでは4ステップの作業をおこないます。

    Xcodeの作業4ステップ

    ステップ①Apple IDでログイン

    ステップ②チームの選択

    ステップ③実機接続後のXcode設定

    ステップ④接続したiOS実機の指定

    Xcodeが開いたら、最初に以下の設定をしましょう。

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_2

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_3

    Automatically manage signing にチェックを入れると、
    👆上のようなダイアログが表示されます。

    Enable Automatic をクリックしてください。

    ステップ①Apple IDでログイン

    Xcodeで実機テストする前に Apple ID でログインします。

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_4

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_5

    👆上のような画面になったら成功です。

    ステップ②チームの選択

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_6

    Team プルダウンから自分のアカウントを設定します。

    ステップ③実機接続後のXcode設定

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_7

    MacにUSBケーブルでiOS実機を接続します。今回はiPadを接続しました。

    ステップ④接続したiOS実機の指定

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_8

    👆上の矢印部分をクリックします。

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_9

    プルダウンから実機を選択します。
    接続したiPadを選択。

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_10

    再生ボタンをクリックすると実機に転送されます。

    【Unity】iOS向けゲームを実機テストする方法_11

    無事にUnityプロジェクトがiOS実機が再生できました!!

    Unity製iOSゲームを実機テストする方法のまとめ

    Unity製iOSゲームを実機テストする方法を解説してきました。記事の内容を簡単にまとめます。

    Unity製iOSゲームを実機テストする方法のまとめ

    ①iOS向けUnityプロジェクトの作成

    ②UnityからXcodeプロジェクトを書き出す

    ③XcodeのAutomatically manage signingを使用する

    ④Xcode上でApple IDにログインする

    ⑤チームを選択する

    ⑥Macに実機を接続して書き出し先として選ぶ

    こんな感じです。Xcodeの設定は複雑です。Xcodeのバージョンによって操作方法も変わってくるためやっかいです。

    また、Xcodeはよくエラーが出ます。ゆえに実機テストは一筋縄でうまくいくことはないかもしれません。もしXcodeでエラーが出たときは、こちらの記事を参考にしてみてください。
    今までの8年の開発経験を元にiOS実機テストのトラブルと対処法をまとめてみました。トラブルのときのお供にどうぞ。

    「Unity初心者大学」というUnity初心者向けのYouTube始めました!!
    ぜひチャンネル登録をお願いします!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    すばらしいUnityライフをお過ごしください。

    オススメ記事
    検証環境