こんにちは、Unityエンジニアのオオバです。

お悩みさん
お悩みさん
  • Unityにコンポーネントを追加したい
  • コンポーネントを追加する際の注意点を知りたい
  • オオバ
    オオバ
    本記事ではこれらの悩みを解決します。

    コンポーネントは現在「モジュール」と呼ばれている

    はじめに結論を簡単にまとめます。

    コンポーネント追加時の注意点

    ①現在はコンポーネントではなくモジュールと呼ばれている

    ②Unity Hubの登場で注意することがなくなった

    ③Unity Hubを使わないと事故るのでやめよう

    現在はコンポーネントではなく、モジュールです。
    モジュールの追加削除は「Unity Hub」を使うことで気をつけることがなくなりました。

    この記事はモジュールを「コンポーネント」と読んでいた時期に執筆した記事をリライトしたもの。
    今時点ではUnity Hubを使ってモジュールをインストールしてみてください。

    詳しくはこちらです。

    →11万文字で徹底解説した「DOTweenの教科書」Unityアニメーションの超効率化ツールはこちら

    コンポーネントには2つの意味がある

    Unityのコンポーネントには2つの意味があります。

    1つは、GameObjectとセットで使用するコンポーネント。2つ目はモジュールです。
    以前はこの全く違う両者に対してコンポーネントという言葉が使われていたのです。

    コンポーネントとは?、モジュールとは何?という方は、次の記事を読んでみてください。
    それぞれ詳しく解説しています。

    本記事で解説したいのは「モジュール」の方です。
    インターネットを検索すると「コンポーネント」とヒットするかもしれませんが、現在はモジュールという名前なのです。

    Unity Hubによって追加インストールとっても楽になった

    Unityモジュールやエディタのインストールは、
    Unit Hubの登場でストレスフリーになります。

    Unity Hub登場前はとても面倒で、かなり時間が取られていたのを覚えています。
    Unityはバージョンアップ頻度が高く、2週に1度はリリースされます。

    昔はUnityエディタのバージョン共存のためだけにひと手間必要でした。
    詳しくは次の記事を読んでみてください。

    結論、Unity Hubの登場によってとにかくUnity管理が簡単になったのです。
    Unity Hubをまだ導入されていない方はこちらの記事を読んでみてください。

    【Unity Hub以前】コンポーネント(モジュール)の追加インストール

    ここからUnity Hub登場前のコンポーネントを追加インストール手順の紹介です。
    ※【注意】以下のキャプチャは2016年頃のUnityです。

    【Unity】追加インストールするコンポーネント(モジュール)の注意点_0

    iOS Build Supportのみを選択して Continueクリックします。

    【Unity】追加インストールするコンポーネント(モジュール)の注意点_1

    するとこのようなエラーがでます。

    You tried to install items that require Unity Unity 5.5.0p1,  
    but Unity is not installed on the disk you choose.  
    Please either add Unity to your selection, or deselect the components which require Unity.  
    

    「Unityがインストールされたディスクを選んでないためインストールできません」 という旨のエラーです。

    これは、バージョンを共存させるために Unityディレクトリを複数分けアプリケーション名も変えていた のが原因です。

    以下の通りです。

    昔はUnityのバージョンごとにディレクトリ名を変更する必要がありました。
    そうしなければ、新しいバージョンのインストールで上書きされてしまうからです。

    【Unity】追加インストールするコンポーネント(モジュール)の注意点_2

    モジュールを追加インストールする際は、
    Unityのインストールディレクトリとアプリケーション名をデフォルトに戻す必要があるのです。

    【Unity】追加インストールするコンポーネント(モジュール)の注意点_3

    このように、ディレクトリ名とアプリ名をもとに戻します。

    【Unity】追加インストールするコンポーネント(モジュール)の注意点_4

    すると、無事にインストールが進みましたが、
    非常に面倒くさい ことがわかったかと思います。

    まとめ

    Unity Hub以前はUnity開発者の生産性を奪っていました。
    オペレーションの数が増えるとミスも増えます。時間も失います。

    Unity HubによってUnityエディタ、モジュールの管理が劇的に向上したことがわかったと思います。
    執筆時点でもUnity Hubを使わずにUnityを使うことはできます。

    しかし、Unity Hubを使わない選択肢はないです。
    ぜひ、Unity Hubを使ってモジュール、エディタをインストールしてもらえればと思います。
    確実に今のベストプラクティスです。

    オススメ記事
    検証環境